施術をお願いできる蒲田出張マッサージ

施術をお願いできる蒲田出張マッサージ
私が出張する度に、出張マッサージを頼んでいることを家内に話をしてみたら、
「私もやってみたいな。」
と言って、早速、自宅で出張マッサージしてもらうようにお願いをすることになりました。
一度、頼んだことから、月に1度はマッサージ師の人に来てもらうようになっています。
その時には私達夫婦2人でお願いしているので、マッサージ師の人も2人できてもらっています。
嬉しいのは、出張マッサージのマッサージ方法がたくさんあることです。
揉みほぐしは当然ながら、オイル、リンパ、アロマ、リンパマッサージといくつもの種類のメニューを用意してくれていますから、とても良いのです。
それは自分の好みのマッサージ法を集中的にお願いできるからです。
家内の場合、リンパマッサージを中心にお願いしています。
彼女は、むくみで悩むことが多くて、リンパマッサージをお願いしています。
リンパマッサージは、身体の中に溜まっている老廃物をきれいに出してくれる効果があるからです。
老廃物の排出というと、足裏マッサージも同じです。
私の場合、営業の仕事をしているために、足の疲れがひどくなります。
したがって、足裏マッサージでスッキリとするのです。
夫婦2人揃って自宅でやってもらう出張マッサージは、ホテルでヤるマッサージとは、ひと味違う癒やしがあります。

https://thubo.biz/kamata/

映画撮影所で名が知られた蒲田

映画撮影所で名が知られた蒲田
蒲田は東京都大田区の南部にある地区の名称で、地域はJR京浜東北線、東急電鉄多摩川線・池上線、京急電鉄の蒲田駅を中心としています。1932年(昭和7年)に蒲田区になりますが、1947年(昭和22年)に大森区と合併して大田区ができたこととで、現在は大田区の一地区になっています。

蒲田は多摩川下流の低湿な三角州上に立地しています。この地域は古くから開発が行われており、平安時代中期の辞書である『和名抄』に加万太(かまた)の名があります。蒲田はかつては畑作地帯でしたが、現在は中小工場が密集しています。また、蒲田駅沿線が住宅地として整備されたこともあり、蒲田駅周辺は大田区で最も繁華な商店街に成長します。

蒲田3丁目にある梅屋敷公園は江戸時代に梅林と和中散と呼ばれる薬でその名が知られていました。また、JR蒲田駅は1904年(明治37年)に設置されますが、1920年(大正9年)に駅の南東に松竹キネマの映画撮影所ができたことでその名が知られます。1982年(昭和57年)に、蒲田撮影所を題材にした「蒲田行進曲」という映画が大ヒットしました。なお、撮影所は1936年(昭和11年)に神奈川県の大船へ移転し、2000年(平成12年)に閉鎖されます。